ICC国際コーチング連盟ネットワーク事務局 -あなたも8日間で国際資格を取得!-

ごあいさつ

当社チーム医療は、昭和53年(1978年)設立後、2008年10月に30周年を迎えました。これもひとえに日頃よりお世話になっていますお客様のご協力あってのことと心から感謝しています。

当社は、この30年の間に心理学、カウンセリング、コミュニケーション技法などの様々な研修会を1600回以上も開催してまいりました。特にこの10年間は、NLPに力を注いでまいりましたので、いつの日かNLPとコーチングの分野で国際的に活躍しているジョセフ・オコナー先生をお招きしたいと願っていました。

この度、その念願がかなってジョセフ・オコナー先生に初来日していただき、2008年11月に特別講演をお願いし、大変好評をいただきました。

ジョセフ・オコナー先生は、世界的なロングセラー本である「NLPのすすめ」の著者として国際的にもとても有名な方です。1994年に当社で刊行した翻訳本「NLPのすすめ」は、日本でもベストセラーになり、現在では最も役に立つNLPの専門書として多くの方々に読まれています。

ジョセフ・オコナー先生は、NLPマスタートレーナーとして有能なNLPトレーナーを養成されていますが、近年はコーチングの普及にも力を注いでおられます。

現在、ジョセフ・オコナー先生は、自らのコーチング力を発揮してコーチ養成のためにICC国際コーチ連盟を設立し、全世界49カ国で3,000人以上のコーチを養成されています。ICC国際コーチング連盟は、ジョセフ・オコナー先生が設立した組織で、加盟者は認定コーチのみで構成され、世界中でコーチングが必要な方からオファーを受けています。

ぜひこの機会に、ジョセフ・オコナー先生の洗練されたコーチングカリキュラムを学んでいただければと願っています。

株式会社チーム医療 代表取締役
梅本和比己

ICC国際コーチング連盟とは?

ICC(International Coaching Community)国際コーチング連盟はジョセフ・オコナー氏とアンドレア・ラゲス氏が設立した国際コーチング連盟です。

ICC国際コーチング連盟は主な拠点をロンドンとし、加盟者は認定コーチのみでその数は49カ国、2600人以上になります。 これは、認定コーチが加盟している団体の規模としては世界で一番になります。

また、ICC国際コーチング連盟はイギリスで非営利団体として登録されています。

ジョセフ・オコナー氏の紹介

ジョン・グリンダー、ロバート・ディルツおよびシャーロット・ブレットのもとで1988年にプラクティショナー、1990年にマスター・プラクティショナーを取得しています。

音楽の教育者であり、ロイヤル音楽院の認定有資格者であるオコナー氏は教育、音楽および公演芸術にNLPを応用することに興味を持ち、音楽家や音楽教師のためのトレーニング・コースを行い同時にジョン・セイモア協会のNLPトレーナーとしても活躍していました。

余談ですが、オコナー氏は人類学の理学士でもあります。

その後、オコナー氏はトレーナーやコンサルタントとしてヒューレット・パッカード(HP)、ブリティッシュ・エアー(BA)、ウィーンの国連工業開発機構(UNDN)他、多くの会社に関わりました。 オコナー氏は現在、数々の経験を活かすべくNLPにおいてはICNLP(International Community of NLP)を設立。

また、NLPを活かしたコーチングにも従事され、ICC国際コーチング連盟を設立されました。全米香港、シンガポール、ニュージーランドおよび多くのヨーロッパの国々でNLPトレーナーおよびマスターコーチとしてNLPトレーナー、認定コーチを誕生させています。

また、NLPおよびコーチングの著者としても知られ現在17冊の本を出版し、24の言語に翻訳されています。日本では「NLPのすすめ」「NLPでコーチング」「NLP実践マニュアル」が翻訳され出版されています。

コーチングとは?

コーチングの元は、スポーツの世界にいるコーチ(テニスや野球、サッカー、バレーボールなどで馴染みがあるかと思います)に由来します。

彼らは、選手の潜在能力を引き出し、目指すゴール(この場合、優勝や1位になる)へ導くために存在します。

選手とコーチの間にはまず信頼関係が必要です。なぜなら、選手がコーチのコーチ力を疑っているとゴールへ到達するための力や精神力などの向上に限界が生まれるからです。

一方、コーチも選手がゴールを達成すると信じていないと選手の向上、上達、成長が妨げられてしまいます。ですから、コーチには選手との信頼関係が結べること、選手の潜在能力を引き出すこと、選手を目指すゴールへ導くことが求められています。

このコーチの役割こそがコーチング力であり、現在ではスポーツの分野だけにとどまらず、ビジネス、経営者、キャリアや人生(ライフ)そのものに関わるコーチングが確立されています。

すなわち、コーチングとはクライエントの目指すゴールを知り、クライエントをゴールへと導くことです。

なぜ今コーチングなのか?

一般的な話としてですが、今私たちが生きている時代は世界がかつて経験したことがないほど平和であると思われます。

日本だけで考えても、食料は街中にあふれ、着る物も豊富にあり選択に迷うぐらいです。住むところもあり、活動するにも自動車や電車、新幹線、飛行機など今では1日で日本を横断することが可能です。

この衣・食・住が満たされている今日、私たちは自分自身の人生について見つめる機会を得ています。今では世界中の情報をインターネットで知ることができ、自分とは違う世界の人々の暮らしを知ることで、以前にはない価値観も得られています。少し前までは、自身が住んでいる集落しか見渡せなかったのですが、今では地球全体を見渡せます。

そうした中、私たちは「自分自身が自分の人生の中で何を求め、どのように生きていきたいのか」を探索する余裕を持てるようになりました。そして、これだけの情報があふれている社会にもかかわらず、自分が何を目標としているのか、どのようになりたいのか、どうあれば自分は幸せなのかについて迷っている人々は少なくないのではないでしょうか。

だからこそ、コーチングにより自身のゴールを明確にし、ゴールを達成するための案内役、助っ人、導いてくれる人=コーチを求めているのだと思います。

このページの先頭へ